本日 6 人 - 昨日 44 人 - 累計 259117 人

真骨頂

「そんなに頑張って意味あるの?」

昔、実際に良く言われた言葉。

確かにSWOOPSの練習はシンドイし、何回やっても慣れることは無いって感じる。

周りからすれば、「楽しいの?」なんて思われるかもしれない。

言われる度に 凄く考えさせられたし、奥が深いなぁ。って感じた。

あの頃は若かったし(今でも気持ちは若い…)、上手くは答えられなかったけれど、

きっと目標を立てて それに向かって努力をしていくことが好き。

だから 頑張ることの深い意味もなければ 目標が高いからこそ それに見合った練習しているだけで、そこに僕らが感じる楽しさがあるのかもしれない。

「山本選手」がよく叫ぶ言葉。

SWOOPSの「真骨頂」は?

目標を立てて、それに向かって純粋に取り組む姿勢なのかもしれないですね。



コメント
[1] 犬 | 2013/05/11 23:14
何をやるにしても、結果よりプロセスが大切だよな。
いいプロセスを踏めば、いい結果が出やすい。必ず勝てるわけじゃないけど、プロセスさえ正しければ、時間がかかってもいつか成功するって思うんだ。
ただ、そのプロセスを必死にやらなきゃ、失敗したときに、その失敗を糧にできない。失敗したことより、全力を出し切れたかが一番大切。。反省してそれを次に生かすには、必死にやることからはじまるんじゃないかな。
そんなに頑張って意味あるの?、、、頑張らなきゃはじまらない。
最後に、SWOOPSでバスケできてよかったって思いたいし、後悔したくないや。
明日、仕事で試合には行けないけど、みんな「真骨頂」見せつけてきて下さい。
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):